本来の魂を目覚めさせる

人は「心・体・霊」の3バランスから、核となる魂を形成しています。
本来宿している魂を目覚めさせるには、それら3つの均衡を保たなければなりません。

三位一体である、トリニティーバランスの均衡を保ち向上させることが
本当の魂を覚醒させ、現世での目的を見出すための条件なのです。

心は、創造性を生み出すための原動力であり、
体は、自らの意思力を具現化させるための器であり、
霊性は、存在の理由を司る源泉の現れである。

心は水で在り、容量を伴う器がなければこぼれ落ちてしまうだけ
体は地で在り、容積を満たすだけの潤いが無ければ枯れてしまうだけ
それらを等しく保つには、存在の証しとなる霊性との同調を忘れぬこと。

均衡のとれた三位一体を意識することが、本来の魂を目覚めさせる術なのです。

本当の豊かさを取り戻す

人生で得るべき本当の豊かさとは、一体どのようなものだと思いますか?

それは、何不自由のない生活のことでしょうか?
―――――――――――― 必要以上の財は、不必要な人間関係を招く原因となるものです。
それは、ココロ満たすような人生観を送ることでしょうか?
―――――――――――― カタチを伴わない思いは、とても脆く壊れやすいものなのです。
それは、誰にも勝る強大なチカラというものなのでしょうか?
―――――――――――― 強大なチカラには、その反動に耐えうる資質が必要です。

大きなチカラこそ、その存在に振り回されることのない
しっかりとした、魂の本質を磨いておくことが必要なのです。

自然界そのものもまた、エレメント(火・地・風・水)という4つのバランスから
自浄作用を起こしながら、淀みのない自然な流れを保っています。

3つのバランスを整え、4つのテーマを身につけることが
自然界から得られる、もっとも尊い学びといえるでしょう。

本当の幸運と呼ぶ

自然の育みの中には、不自然なモノを退ける習性が宿っています。

買い足したり、継ぎ足したりするだけでは
ひと時の流れしか、変えられるものではありません。

絶え間ない自然な流れをつくるには、淀みのない本質の自分に気づくしかないのです。
そんな本来の魂に近づくことこそが、本当の幸福と呼べることなのです。

ひとりひとり、ひとつひとつの存在には、必ず存在している理由があるのです。

豊かな森を保つには、根の強い苗木がひとつでも多く必要です。
苗木が強い根を張るには、それぞれが豊かな土壌を支え合うしかありません。
全てが連鎖していなければ、汚れのない源泉もいつかは枯れてしまうものです。

ひとりひとりの魂と本質で向き合い、淀みのない精神性に気付いて頂くことが
これからの時代の土壌を清め、本当に豊かな来世に結びつくコトと確信しています。

個々の幸福観を高め連なることが、豊かな未来を築くためのヴィジョンとしています。

エアーワークス代表 加勢康晃
sign

スピリチュアルカウンセラー
広尾カウンセリングオフィス「エアーワークス」代表

独自の霊的な観点から、人々にアドバイスを続けて29年になる、実践派のスピリチュアルカウンセラー。これまでに行ったカウンセリング実施数は3万件を超える。生まれながら勘が強く、幼少の頃から様々な霊体験を重ねる。17歳の頃より、自然と周囲から相談を持ちかけられるようになる。2002年8月より、東京:恵比寿にてカウンセリング・ルーム「エアーワークス」を設立。2011年9月より、東京・広尾へ事務所移転し「スピリチュアルオフィス AIR WORKS」と改める。常にニュートラルな視点に立ち、スピリチュアルなアドバイスを踏まえながらも現実的なアドバイスを行う。心・体・霊の三方から個人を捉え、本質の癒しと自己実現の道を伝え続けている。