加勢康晃リーディング「アトランティスの記憶」

2005年の5月のはじめ頃、スピリチュアルな情報に関する疑問を加勢先生に聞いてみる機会がありました。昔のことでそのようになった流れについての記憶が曖昧ですが、スピリチュアル情報に詳しい方が業界でも謎とされていることについて質問されました。

その中にアトランティスの情報が多くあり、近年改めてレムリア・アトランティスについての興味をお持ちの方が増えてきたこともから、そろそろ掲載できればと考えました。

これらのリーディングでは加勢先生の消耗も激しく、聞き手側も情報に感心するほかなく、形にしたり発表したりできなかったのですが、しばらく後に「スピリチュアルクエスト」として加勢先生自身で発信する内容を定め、霊界の仕組みについてのセミナーを二度開催する流れにつながっています。

実際に加勢先生がどのようなヴィジョンを見ているのか、どんな情報をおろしているのかを感じていただけましたら幸いです。

イラストは、AIRWORKSデザイナーを兼任している、私こと桑坂碧の手書きで描いたものとなります。リーディングのイメージが、より少しでもわかりやすく伝われば幸いです。


当時のスケッチ

 

加勢康晃リーディング – 1 : 水晶のエネルギー発生装置

「アトランティスの滅亡は本当に水晶の誤用が原因なのか」と聞かれたときのリーディングで出てきた装置。直径約8メートル、水に浸かっており、その水は温水となって人々に供給。

丘もしくは山の上の神殿に設置、海の近く。

(後ろに集光用の衝立?があった。この形状は聞いていないので、桑坂の想像です。)凸レンズ状で真ん中にエネルギーが集まるように計算してカットされている。

メモには残っていないが、記憶では蜂の巣状に水晶を並べて大きな板にして、そこからカットされていた。

水晶はすべて天然。上が平らにカットされており、不透明な水晶で蓋をされている。この蓋の水晶は3〜5人で上げ下ろしする大きさ。

真ん中と上のカット面が非常に明るい。上からエネルギーが出るらしい。

真ん中では螺旋のエネルギーが生まれている。火(熱)のエネルギーは上に上るもの。それを下に向けたことで自然の法則に反し暴走、「モーゼの十戒」のように海が割れて、洪水が押し寄せた。

加勢先生のリーディング – 2 : 水晶の間

5〜6人しか入れない小さめの水晶の部屋で、人が集まり、話し合いをしていた。

大きな水晶で作られているが、ログハウスのように並べるのではなく、斜めに石を噛み合わせるように作られている。

そうすることで、水晶による光の乱反射を起こし、中の空間を明るくしている。

水晶の下の方は白く、上部は透明感がある。

この建物の後ろは岩壁で、高さがある。上はとても明るい。

建物を抜けたところに鍾乳洞があり、そこで水晶が採れた。

暖かさと冷たさの交わる場所にあっただろう。

さらに先に進むと、滝壺に出る。

そこは聖地のようなところであり、その再現は現在もどこかでなされているだろう。

加勢康晃リーディング – 3 : 水晶の間の中

部屋の中は狭く、5〜6人が座れるくらいのスペース。

上から光が入り、とても明るい。

選ばれたものしか入れない聖域となる。大切な話し合いをする場所でもある。

加勢康晃リーディング – 4 : 聖なる滝

水晶の間、水晶窟を通り抜けた先には、狭いが、高くから水の落ちる滝壺があり、聖地とされている。

中洲のように水面に出ているところに、人の背丈ほどの苗木が植えられている。この木は神聖なもの、シンボル。

高い水圧で生じた水飛沫で、あたりは白く煙っている。

苗木に上からの光があたり、光が螺旋を描いている。

水の中には水晶が散りばめられている。

そこは聖地なので、今もどこかで再現されているはず。

加勢康晃リーディング – 5 : アトランティスの人々

この島国は二種類の人が統治。
それは、シャーマンと科学者。そして、シャーマンは女性だった。シャーマンは大きな水晶のついた杖を持ち、中心が赤い楕円形のアメジストに近い色合いのペンダントをしていた。これはシンボルだったに違いない。

紫色と光の関連性があるのだと思われる。他の人々は、白い布を組み合わせたシンプルな服を着ている(邪馬台国みたいな)。

白は光を避ける、熱をためすぎないための色として身につけられたのだろう。

人々が住んでいるところは洞穴のようなところで、中はとても広い。最後の瞬間には、津波がきてこの洞穴が崩れているところが見える。とても残酷な情景。

(勝手ながらですが、絵のモデルはクリスタルヒーリングの先駆者・A.メロディ♫さんです。構図も大好きな彼女の写真をもとに描かせていただきました。:桑坂)

加勢康晃リーディング – 6 : 水晶の間から滝壺まで

お話しを整理した、全体像はこうなっている。

水晶窟の入り口に水晶の間があり、水晶窟を抜けると聖地とされる滝壺に出る。

滝壺のまえには、輝かしい水場のなかに「苗木(御神木のようなもの)を祀り、移し替える習慣があったように見える」とのことでした。


終わりに

このリーディングは「アトランティスは本当に水晶の誤用で滅びたのか」という問いかけがもととなっています。
そのことから、絵もそのもととなる装置から描き始めました。

天然石を扱う人、石が好きな人、ヒーリングやスピリチュアル関係の人々の中には、アトランティス人の過去世を持っているという人が多いと言われています。

それらの方々の中にはこの誤用が魂のトラウマとなっており、今も水晶やヒーリング、エネルギーに惹かれ携わりながら、どこか不安やモヤッとした気持ちを持っているという方もいます。

また、科学の行く末を案じたり、自然の流れに沿っていないことについて過剰に反応してしまったりということも。
中にはその危機的状況を止めることができなかった後悔を、今、別のかたちで引きずっていることもあります。

地球環境も限界が見えてきていると言われながら、今、世界は新型ウイルスのために大きく在り方を変えつつあります。どう生きていくのかを、ひとりひとりが模索しはじめました。

加勢先生は「絵を見て懐かしいとか、心が動く人がいるのではないか」と語っていました。

頭の中でのイメージでしかなかったり、文章でしかないものを絵にすることで、より人の意識に働きかけるエネルギーを強め、新しい生き方のきっかけになり得るのではと思い、ここに公開させていただきます。


Instagramにて、加勢先生のリーディングの他にも様々な絵をあげています。よろしければ御覧くださいませ。

桑坂碧ART Instagram

書・桑坂 碧