国見ケ丘

秋にはすばらしい雲海を眼下に望むことができるのだそうです。案内してくださいました運転手さんいわく「そのまま雲の上を歩いてゆけるのではないか」と思ってしまうような眺めだそうです。秋にもう一度、見て見たいものですね~!季節が違って残念でしたが、山の斜面を雲が昇っていくのを見ることができました。

とても幻想的な風景でした。神武天皇の孫にあたる建磐竜命(たていわたつのみこと)が九州統治のため高千穂に立ち寄り、この丘より国見をされたことから名前がついています。
この丘からは高千穂が一望できます。東にくしふる峯、高天原遥拝所、四皇子峯を望み、北に祖母山、西に阿蘇山を見ることができるというゴージャスさ。まさに国見ヶ丘です。

私達が行った時は、小雨でした。雲も多かったです。
その雲が、まるで地面から湯気のように立ち上り、ふわっとした風とともに斜面を昇っていました。
西側の阿蘇山は、涅槃像のように見えます。この日は曇っていたためシルエットしか見えず、本当に大きな寝姿のようでした。
晴れても曇っても、スケールの大きな大自然を味わうことができる貴重なスポットだと思います。

インフォメーション
高千穂町大字押方
高千穂町観光協会・高千穂町商工観光課 (0982)73-1213

関連記事

  1. 日枝神社

  2. 京都洛西総氏神 松尾大社

  3. 大神神社

  4. 天河大辨財天社

  5. 高千穂峡

  6. 富士・白糸の滝

  7. 石上神宮

  8. 待乳山聖天

最近の記事

  1. インフォメーション

    【6月】出張のお知らせ
  2. インフォメーション

    出張のお知らせ (2019年6月09日~10日)…
  3. インフォメーション

    スピズムタロット・ベーシック講座開催
  4. インフォメーション

    加勢康晃スピリットBLOG「魂のいいわけ」始めま…
人気記事 おすすめ記事
メールマガジン登録
最新情報をお届け致します。 ぜひご登録ください!

ARCHIVES